性病検査.COM|性感染症の匿名検査・治療を紹介

性病の感染の仕組みや将来的なリスクについて

性病の基礎知識

性病(性感染症)についての基礎的な知識をまとめています。感染の仕組みや将来的なリスクについても同時に紹介しています。正しい知識をつけ、自分の身を性病から守りましょう。

性病(性感染症)とは

性病の概要

性病の概要

性交渉(セックス)・性的接触によって感染する病気のことを、性病と言います。

一般的に考えられる膣での性交だけでなく、口腔を性器に接触させるオーラルセックスや、直腸を使用するアナルセックスなど、粘膜の接触によって感染する病気の総称です。

そのため、異性間のセックスだけでなく、女性-女性、男性-男性といった同性間のセックスにおいても感染の危険性があります。

性病という言葉

性病という言葉

実は、現在は性病という言葉はあまり使いません。

1999年に制定された感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)により、性病という名称は法律上からはなくなり、性感染症という名前に統一されました。

それに伴い、英語病名の略称STD(Sexually Transmitted Disease)/STI(Sexually Transmitted Infections)も徐々に普及してきています。

しかし、私たちの生活の中ではまだまだ性病という呼び方の方が浸透しているため、当サイトでは性病という言葉を使ってご紹介していきます。

性病は誰にでも起こる病気です

症状がなくても安心できない

症状がなくても安心できない

性病の怖いところは、「症状が出ない」「知らぬ間の感染」ということです。

性病には様々な種類がありますが、症状が出ない無症候感染であることが多いという点が特徴です。

また、症状が出現する場合でも、男性よりも女性の方が自覚症状が弱いため、感染をしていても気づかず、病院を受診する機会を逃しやすいという状況があります。

気づかないうちに感染している!?

気づかないうちに感染している!?

性交渉の低年齢化、オープンな性関係の浸透により、セックスパートナーが複数いる方も多い現代では、自分の意識していない所で性病を他の人に移してしまっている、あるいは移されてしまっている可能性があります。

また、パートナー間で自分の知らない間に性病に感染していることも多々あります。

そのため、1度でもセックスを経験をしている人であれば誰でも感染している可能性があり、性病は非常に身近な病気なのです。

性病は早期検査がとても大切!

症状がなくても感染は進行しています

症状がなくても感染は進行

性病は、症状がないあるいは症状が軽い場合でも病気が進行することが多く、早めに病気を見つけることが非常に重要となります。

特に女性は、膣で感染した後、子宮頚部、子宮体部、卵管・卵巣、骨盤内へと炎症が広がる上行感染を引き起こし、重症化してしまう恐れがあります。

妊娠・出産時にも影響を及ぼす

妊娠・出産時にも影響を及ぼす

性病はただの感染症としての病気だけでなく、不妊、流産、分娩時の参道損傷、胎児異常といった妊娠・出産に係る大きな弊害を引き起こしてしまうため、将来的に妊娠を考える女性は早急に感染の有無を検査することが大切です。

現在は、病院へ行かなくても郵送性病検査キットを使用することで、匿名で検査を受けることが出来ますので、恥ずかしがらずに早めの検査を受けるようにしましょう。

すぐわかる性病検査

PAGE TOP