性病検査.COM|性感染症の匿名検査・治療を紹介

献血で行われる血液検査・性病検査について

献血と性病検査の関係

「献血で性病かどうかが分かる」という話を聞いたことがある人は多いと思います。
確かに献血では性病も含めた血液検査を行っていますが、注意が必要です。
献血での検査と性病検査キットの違いを含めて、わかりやすく解説しています。

献血は性病検査に関係している?

献血は血液検査をしている

街中で献血の呼びかけを見たことのある方も、多いのではないでしょうか。

献血は、輸血や血液製剤の必要な患者さんに任意かつ無償で血液を提供する献身的な働きですが、病気を持つ患者さんの体内へと提供するわけですから、健康な状態の血液から作られなければなりません。

そのため、献血の前には必ず、提供者の血液の検査を実施しています。

献血をすると性病が分かる!?

献血をすると性病が分かる!?

日本赤十字社の血液センターでは、ご協力くださる方への感謝の気持ちとして、ご自身の血液の生化学7項目と血球計数検査8項目の検査結果を無料でお知らせしています。

さらに、梅毒、B・C型肝炎、HTLV-Ⅰ(ヒトT細胞白血病ウイルス)抗体の検査結果を希望される方には、異常があった場合にのみ、1か月後に郵送で通知が届きます。

性病検査のために献血を行うのは絶対NG!

結果の郵送は善意によるもの

献血による血液の検査結果はあくまでも献血にご協力くださる善意に対するサービスです。

そのため、性病検査の目的で献血を実施することは、日本赤十字社から正式にお断りが出ています。

一部の性病しか分からない

一部の性病しか分からない

献血時の血液検査では、HIVなど他の性病検査も行われてはいますが、梅毒、B・C型肝炎、HTLV-Ⅰ(ヒトT細胞白血病ウイルス)抗体以外の結果については教えてもらうことが出来ません。

この4項目は、重症化する危険な病気ではありますが、身近な性病というわけではありませんので、性病検査を希望する方にとってより必要な検査結果を知ることは出来ないのです。

性病には約19種類もの原因菌が存在しており、性病の疑いがある方はその中のどれが影響しているのかを性病検査で確認をしなければなりませんので、献血の検査だけで性病に感染してないと断定することはできないのです。

そもそも、「性病かもしれない!?」というリスクのある方が献血を行うことは、輸血・血液製剤や患者さんへの安全面からも決して行ってはいけない事ですし、ありがた迷惑という訳です。

性病検査には必ず専用の検査キットを

献血は信用の元、成り立っている

日本の医療技術は日々進歩しており、輸血・血液製剤検査の精度についてもかなり信用性の高い状態で行うことが出来ています。

それでも、輸血後の感染症罹患リスクをゼロにすることはできません。

まだ記憶に新しい2013年にも、HIV感染者の血液が献血時の検査をすり抜けて、患者2人に輸血されていたという事故がありました。

輸血や血液製剤の必要な患者さんは、その検査精度を信用し、提供してくださる善意ある方を信用し、医療機関を信用して、感染症になるリスクがゼロでないことを承知の上で、実施を決断しています。

ですから、血液を提供する側もその気持ちを汲み取ったうえで、体調が悪い、感染症の恐れがある場合には献血やそれに伴う検査を控えなければなりません。

献血の結果を待っているのでは遅い

献血の結果を待っているのでは遅い

献血による検査結果を待っている1か月の間にも、病気はどんどんと進行していきますので、重症化させないためには、できるだけ早く検査結果の分かる方法を取ることが大切です。

そのため、性病検査を希望する場合には、必ず専用の検査キットを使って自身で検査を行うか、医療機関を受診するようにしてください。

医療機関を受診する時間がない、行きづらいという場合には、郵送検査キットの使用がオススメです。

医療機関と同等の検査を、自宅で行うことが出来ますので、どなたでも簡単に性病検査を行うことができます。さらに、匿名での検査が可能ですので、家族や周囲の人に検査を知られずに実施することができます。

すぐわかる性病検査

PAGE TOP