性病検査.COM|性感染症の匿名検査・治療を紹介

性器ヘルペスの概要と治療方法

性器ヘルペスの症状と治療薬

痛痒い潰瘍に悩まされ、再発率も高いことで知られる性器ヘルペス。
性器ヘルペスの概要や感染経路、症状、治療方法などを紹介しています。

性器ヘルペスとは?

80%の人が再発する「性器ヘルペス」

単純ヘルペスウィルス(HSV)1型または2型を病原体とする性病です。

性器ヘルペスは症状が出現しやすい性病であるため、重症化することは稀ですが、3日~1週間の潜伏期間の後、痛がゆさのある潰瘍に悩まされます。

また、治療を行った後も、ウィルスが神経節に潜伏し続けるため、疲れや風邪などで免疫力が下がった時に、再発(回帰感染)する恐れがあります。

性器ヘルペス HSV1型 HSV2型
特徴 20代までの約70%が接触感染している
オーラルセックスの普及により、性器への感染が増えている(性器に症状が出ることは少ない)
初めての感染ではセックスによるものがほとんど
再発はHSV-1に比べてHSV-2の頻度が高い
症状 唇(稀に性器)に潰瘍ができる 外陰部に水疱・潰瘍ができ、強い痛みがある
発症部位 口唇、外陰部(潜伏している神経の関係で、稀に目や脳にも出現する) 外陰部
潜伏神経 三叉神経節 腰仙髄神経節

性器ヘルペスの統計

淋菌の感染率

性器ヘルペスは、平成20年を境に、患者数の大幅な減少は見られません。

いつの時代にも悩まされる方が多く、また再発の危険性があることからも、患者数を減らすことが難しい性病です。

男性に比べて女性の方が患者数は多いですが、保菌者であればいつでも再発し、感染する可能性があるため、男女ともに注意しなければなりません。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの感染経路と症状

ヘルペスの感染経路と症状

セックス後、3日~1週間の潜伏期間を経て、症状が出現します。

外陰部や陰茎・亀頭にできた赤い水疱や潰瘍が潰れると、ただれたような状態になり、排尿できないほど強い痛みに見舞われます。

また、発熱や大腿部のリンパ節の腫れ・痛みを伴うこともあります。初めて感染した時は症状が重く、治るまでに2~4週間程度要します。

性器ヘルペスは、一度感染するとウィルスが体内に潜伏しているため、約80%の方が1年以内に再発し、また不快な症状に悩まされます。

再発は免疫力の低下(ストレス・疲労など)、セックスの刺激などによって生じるため、防ぎにくいのが現状です。再度症状が出現した時は、初めて感染した時よりも症状が軽度で、数日で軽快します。

妊娠している女性が感染した場合、産道感染によって新生児ヘルペスを起こす可能性があるため、抗ウイルス薬を予防的に投与したり、経膣ではなく帝王切開での出産となる場合もあります。

性器ヘルペスの治療方法

性器ヘルペスを治療するには

性器ヘルペスの治療

性器ヘルペスと診断された場合には、ヘルペスウィルスに対する抗ウイルス薬(アシクロビル)を使って治療を行います。

抗ウィルス薬は、内服、軟膏、点滴など様々な種類があり、併用して治療を行うこともあります。

痛みが強い場合は、非ステロイドの抗炎症薬や表面麻酔の効果のあるリドカインゼリーなど、鎮痛薬の処方も可能です。

再発した場合も、基本的には治療内容は変わらず、同じ治療を繰り返し行うことになります。

性器ヘルペスの治療薬

ゾビラックス(Zovirax)

種類
アシクロビル
特徴
ヘルペスウィルスの増殖を抑える治療薬です。胃腸薬(タガメット)、痛風薬(ベネシッド)、喘息薬(テオドール)、免疫抑制剤(セルセプト)などを飲んでいる方は、副作用が出やすくなりますので注意が必要です。
用法
1日5回
用量
200mg錠×1/回
※血中濃度を維持するため、4~5時間おきに服用
服用期間目安
5~7日間

バルトレックス(Valtrex)

種類
バラシクロビル
特徴
ゾビラックスを改良されて作られた、ヘルペス治療薬です。服用回数が少ないため、飲み忘れることが少なく、使いやすい薬です。ゾビラックス同様、胃腸薬(タガメット)、痛風薬(ベネシッド)、喘息薬(テオドール)、免疫抑制剤(セルセプト)などを飲んでいる方は、副作用が出やすくなりますので注意が必要です。
用法
1日2回
用量
500mg錠×1/回
服用期間目安
5~7日間

ゾビラックスジェネリッククリーム 5%

種類
アシクロビル
特徴
ヘルペス用の塗り薬です。症状が辛い時、早く治したい時に内服薬と併用して使います。ジェネリック(新薬としての特許が切れたもの、後発医薬品)のため、手頃な価格で購入できます。
用法
1日数回
用量
患部に対し、適量を塗布
服用期間目安
約1週間

ゾビラックスクリーム(Zovirax Cream) 5%

種類
アシクロビル
特徴
ヘルペス用の塗り薬(新薬)です。症状が辛い時、早く治したい時に内服薬と併用して使います。小さいサイズで、ポーチに入れて持ち運びにも便利です。
用法
1日数回
用量
患部に対し、適量を塗布
服用期間目安
約1週間

※記載の内容はあくまでも目安であり、完治を保証するものではありません。また、内服だけでは、完治の有無を判断することはできません。治療結果を知りたい場合には、再度検査することをオススメします。

性病治療の前に、まずは性病検査から!

「気になる症状があった」

「もしかしたら感染しているかもしれない」

「不特定のパートナーを持ったから心配」

何か気になることがある方は、まずは手軽に行える性病検査を行ってみましょう。

郵送で検査ができる性病検査キットなら、病院に行かなくても時間や場所を問わず、気になった時にすぐに検査が行えます。

もちろん検査精度も非常に高く、病院と同じレベルの検査が行えますので、安心です。

性病検査キットにはそれぞれ特徴があり、検査できる性病の種類や価格がキットによって異なります。

性病検査キットの比較一覧から、自分に合った性病検査キットを選んでみましょう。

すぐわかる性病検査

PAGE TOP