性病検査.COM|性感染症の匿名検査・治療を紹介

検査で陽性が出た際の病院の選び方や対処方法

検査で陽性だった場合

性病検査キットで陽性となった場合には、早めの治療が必要です。
性病を治療する際の病院の選び方や注意点を詳しくまとめています。

陽性(+)の結果が出たら

陽性の場合、症状がなくても性病に感染している

陽性の場合、症状がなくても性病に感染している

性病検査キットを使い、自分の結果を見たときに、「陽性」「+」といった結果が出た場合は、その性病に感染しているという結果を表します。

症状がないものもありますので、検査結果を見て驚かれる方も多いものです。

そんな時には、落ち着いて、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

性病は治療をすれば治ります

性病は、放っておくと感染が広がり重症になることもありますが、早めに治療を受けることでしっかりと治すことができる病気です。

病院に行きづらいと思っていた方も、陽性反応が出た場合には、勇気を出して病院に行ってください。

病院の選び方

性病は放置しても治らない

性病に感染してることが分かったら、必ず治療が可能な病院を受診する必要があります。

恥ずかしいので、あまり病院に掛かりたくないという方も多く見受けられます。

しかし、性病は放置して治る病気ではありません。

性病検査キットを使用した場合、病院の選び方は2種類あります。

検査キットの提携医療機関を使う

検査キットの提携医療機関を使う

1つ目は、性病検査キットを申し込んだ会社の提携医療機関を使用するものです。

多くの場合、性病検査キットを販売している会社は、陽性結果が出た方に対して無料で医療機関の紹介を行っています。

紹介によって医療機関を受診する場合には、ほとんどが再検査の必要なく、すぐに治療を始めることができます。

ただし、会社によっては医療機関の地域が限られていることがありますので、相談窓口にて確認することが必要です。

自分で医療機関を探す

自分で医療機関を探す

2つ目は、自分で医療機関を探すものです。

少し手間はかかりますが、自宅や勤務先の近く、あるいは少し離れた場所など、行きやすい医療機関を選ぶことが出来ます。

また、今は多くの病院がホームページを持っていますので、病院の様子や診療時間などを前もって把握することが出来ます。

この場合、女性であれば婦人科、男性であれば泌尿器科、専門の病院であれば性病科の医療機関を探すようにしましょう。

病院の選びの落とし穴

性病が専門の医師とは限らない

性病が専門の医師とは限らない

ご自身で医療機関を探す場合、気をつけていただきたいのが、「婦人科や泌尿器科は、性病の専門ではない」ということです。

この2つの診療科でも確かに性病の検査や治療が行えますが、守備範囲が広いというデメリットもあります。

婦人科であれば月経不順・困難症、子宮内膜症、子宮筋腫、腫瘍など、泌尿器科であれば膀胱炎、ED、尿路結石、腫瘍といったことまで診療が可能になります。

そのため、性器に関する治療は行えるものの、必ずしも性病についての知識を深めた医師という訳ではないのです。

別料金がかかる病院がある!?

大学病院や国立病院などの大きな病院は、クリニックなど他の医療機関からの紹介状がない場合、医療費とは別に「選定療養費(5400円前後)」というものが必要になります。

このことからも、医療機関を選ぶときにはなるべくクリニックや診療所を探し、性病についての治療がしっかりと行える病院かどうかを確認しましょう。

すぐわかる性病検査

PAGE TOP