性病検査.COM|性感染症の匿名検査・治療を紹介

病院検査・保健所検査・検査キットの違いと比較

病院検査・保健所検査・検査キットの違いと比較

もし、自分が性病にかかっているかもと不安になったら、どこで検査を受けるでしょうか。
日本では、「病院」「保健所」「性病検査キット」3つの方法で検査を受けることができます。それぞれの検査の特徴や、費用、時間などを分かりやすく比較しました。

性病検査が受けられる場所

病院やクリニックなどの医療機関

医療機関の性病検査

医療機関を受診する場合には、風邪やインフルエンザなどで受診するときと同じように、保険証を持って近くの病院を受診します。

ただし、普通の内科では検査できる項目が限られる場合もありますので、性病を専門に扱っている婦人科、泌尿器科、性病科などを受診する必要があります。

また、インフルエンザ検査のように即日結果が分かる場所は非常に少ないため、後日再診に行く必要があります。

住まい近くの保健所・保健センター

保健所・保健センターの性病検査

保健所とは、介護・福祉、精神保健、感染症対策など、地域にお住いの方々の生活や健康を守るお手伝いをする行政窓口です。

基本的に無料かつ匿名で行うことができますが、予約が必要な場合がほとんどです。

また、HIV、クラミジア、梅毒以外の検査を行ってもらうことができないことが多く、検査項目に限りがあります

行政機関ですので、平日の日中に受けられる方が対象となります。

性病検査キット

性病検査キット

今、日本の性病検査として普及しつつあるのが、性病検査キットです。

性病検査キットは企業が販売しており、検査所と連携することで、医療機関と同等の性病検査を行うことができます。

キットを自宅などに郵送してもらうことができるため、医療機関や保健所まで足を運ぶ必要がなく、忙しい方、病院の受診を悩む方、病院には行きづらいという方にも多く使用されています。

また、匿名での検査を行うことができ、さらにキット返送時や結果確認時には、その方が性病検査を実施したことが周りに知られないように徹底されているのが特徴です。

病院・保健所・性病検査キットの比較

項目 病院 保健所 性病検査キット
検査項目 無制限 約3種類 最大12項目
待ち時間 検査結果平均2~3日+受診待ち時間 約1週間 返送後、最短翌日
検査以外の費用負担 初診料(初回)2820円
再診料(2回目以降)720円
各種指導料
投薬料
調剤薬局の費用(調剤技術料、薬学管理料、薬剤料など)
交通費など
交通費 送料、支払い手数料

現代人の主流になりつつある「性病検査キット」

忙しい人でもしっかりとした検査を!

忙しい人の性病検査

性病は、風邪のように「喉が痛い」「鼻水が出る」「頭が痛い」といった明確な症状が出ることが少ないため、検査を希望される方の多くは、性病かもしれないという漠然とした不安を抱えています。

また、症状を自覚していても婦人科・泌尿器科・性病科といった医療機関の受診に抵抗のある方や、平日は仕事でなかなか受診できないという方も大勢いらっしゃいます。

こういった現状から、今最も選ばれているのが性病検査キットなのです。

性病検査キットのメリット

性病検査キットのメリット

匿名検査、スピーディーな結果判定、高精度検査と3拍子揃った性病検査キットは、「病気だったらなるべく早く治したい」「病院には行きたくない、行く時間がない、受診すべきか分からない」という気持ちの両方を解決してくれます。

さらに、病院の受診が嫌がられる大きな理由である、待ち時間が必要ありませんので、効率的に時間を使うことが出来るというのもポイントです。

一見、検査キットの料金だけを見るとちょっと高いかなと感じる方もいらっしゃると思います。

自費での検査になりますので、項目数やオプション選択によっては多少医療機関よりも金額が高い場合もありますが、病院受診時の合計額(初診、再診、処方料など)と比較すると性病検査キットの方が安く済むことがほとんどです。

そのため、経済的負担も軽いことから、若年から中高年層まで幅広い年齢の方が利用する、現代人の主流となっているのです。

すぐわかる性病検査

PAGE TOP